台風19号がカテゴリー6で地球史上最大級!いろいろとまとめてみた

スポンサードリンク

みなさんこんにちは、Sunkistです。

台風15号が千葉県を襲って間もない頃、地球史上最大級と言われる台風19号が来ています。

その台風19号がどれだけすごいのか、また日本社会がどう対応を迫られているのかを、個人的な観点から調べてみたいと思います。

題して「台風19号がクラス6で地球史上最大級!対策と日本の対応は?」です。

それではさっそくいってみましょう。

台風19号は地球史上最大級?

そもそも台風の勢力を表す表記ってどんなものがあるのでしょうか?

日本の気象庁では以下のように分類しています。

強さの階級分け
階級 最大風速
強い 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上
大きさの階級分け
階級 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

 大型、超大型の台風それぞれの大きさは、日本列島の大きさと比較すると以下のようになります。

大型、超大型の台風の大きさと日本列島との比較図

以上となります。

それでは今回の台風19号がどのように表記されているのか見てみましょう。

<10日18時の実況>
大きさ 大型
強さ 猛烈な
存在地域 父島の南西約390km
中心位置 北緯 24度55分(24.9度)
東経 139度10分(139.2度)
進行方向、速さ 北北西 20km/h(11kt)
中心気圧 915hPa
中心付近の最大風速 55m/s(105kt)
最大瞬間風速 75m/s(150kt)
25m/s以上の暴風域 全域 240km(130NM)
15m/s以上の強風域 東側 750km(400NM)
西側 650km(350NM)

このように表記しています。

でも実際に衛星写真をみてみると・・・

なんか台風の周辺の雨雲とかも入れると、日本列島がすっぽり入りそうなんですけど・・・

前回千葉に猛威をふるった台風15号と比較してみると・・・

何倍差なの!?と思わず言ってしまいそうなほどです。

昨年大阪に大被害を与えた台風21号と比較しても歴然の差です。

台風19号に世界が注目!

今回の台風は地球史上最大級と言われています。

それは米国の専門家も「存在しないカテゴリー6に相当する」と言っているほど。

仮面ライダー剣かよ!とツッコミを入れそうになるような発言です。

米国のハリケーンはその勢力に応じてカテゴリー5まであるようですが、今回はそれを上回ると予想しているようです。

日本の「猛烈な」も米国の「カテゴリー5」もちょっとわかりにくいですよね。

こんな図がありましたのでご参考に。

こうやってみると、もう絶望的ですよね。

実際に小笠原諸島ではすでにものすごい風雨に晒されているようです。

映像を観ると、台風の中心近くにいるような様子ですが、これでもまだ中心から遠いと言いますから、その強さのほどがわかります。

すでに海外のニュースでも取り上げられているレベルです。

気象予報士さんもこう言っています。

マジでクソヤバいみたいです。

くっきりと台風の目がわかります。

ワシントン・ポスト紙によれば、「ハギビス」(台風19号)は前日までの24時間で最大風速を45メートルも増やしており(現在65メートル)、この発達スピードは地球で発生したハリケーン、サイクロン、台風の中で史上最速の部類。あまりに急速に発達したため、最初にあった台風の目の周囲に“2つめの目”ができたことが確認されており、進路になっている日本にとっては脅威をもたらす存在になりそうだ。

引用〜Yahoo!ニュース〜

 

対策は本気でやったほうが良さそうです。

日本社会における現時点での対応

すでに色々なところで対策が進んでいます。

鉄道各社は計画運休を検討しているとのこと。

 

空の便でもすでにANA(全日空)が国内線の欠航を決めました。

こんな光景のスーパーもあるようです。みなさんも防災を。

従業員はもとより、来店される予定のお客様にも外出を止めるべくしての処置だと思います。

太平洋側の道路はどこも危険度が最高値だと思いますのでお気をつけください。

11日現在の運休欠航状況の追記

新幹線

●東海道・山陽新幹線
12日は、東京~名古屋間は終日運休。名古屋~新大阪間は上下計6本のみ運転。新大阪~岡山間は午前中に運転終了。岡山~広島間は「こだま」と一部の「さくら」のみ、広島~博多間は「みずほ」「さくら」「こだま」のみ運転。13日は線路設備の点検や障害物の除去などを行い、安全確認ができしだい運転再開へ。

●東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線
12日は11時以降、本数を減らして運転。15時以降は運休。北陸新幹線「つるぎ」や北海道新幹線は運転。

JR東日本(在来線)

●特急
12日は、「スーパービュー踊り子」「踊り子」「あずさ」「かいじ」「草津」「あかぎ」「日光」「きぬがわ」「スペーシアきぬがわ」「ひたち」「ときわ」「わかしお」「しおさい」「新宿さざなみ」「新宿わかしお」「サンライズ瀬戸・出雲」は全列車運休。「成田エクスプレス」は東京11時03分発以降、成田空港12時20分発以降が運休。

●普通・快速
12日、首都圏を走る各線区は9時ごろから13時にかけて段階的に運転を終了。東海道線は10時ごろ、中央線快速、宇都宮線、高崎線、常磐線快速、総武線快速は正午ごろ、山手線は13時ごろ。湘南新宿ライン、上野東京ライン(上野~東京)、久留里線は終日運休。13日も少なくとも昼ごろまで運転を見合わせる予定。大船渡線、釜石線、北上線、大湊線など東北の一部路線でも、12日から13日にかけて計画運休を行う。

JR東海(在来線)

●特急
12日は、「ふじさん」「ふじかわ」「伊那路」「南紀」「しらさぎ」「サンライズ瀬戸・出雲」は全列車運休。「ひだ」「しなの」も運休あり。

●普通・快速
12日は、東海道本線(熱海~豊橋)、御殿場線、身延線(富士~鰍沢口)、紀勢本線、参宮線、名松線が終日運休。その他各線区は始発から本数を減らし、9時~昼ごろまでに運転を終了。13日は線路設備の点検や障害物の除去などを行い、安全確認ができしだい運転再開へ。

JR西日本(在来線)

●特急
12日は、「しらさぎ」「サンダーバード」「くろしお」「はるか」「きのさき」「まいづる」「はしだて」「こうのとり」「はまかぜ」「スーパーいなば」「スーパーはくと」「やくも」「スーパーおき」「スーパーまつかぜ」「サンライズ瀬戸・出雲」で運休あり。

●普通・快速
12日は、関西本線(加茂~亀山)、草津線、和歌山線、桜井線、紀勢本線、山陰本線、福知山線、伯備線、北陸本線などで朝から順次、もしくは終日運休。米原~網干間の新快速は昼以降、運転取り止め。

JR四国

 牟岐線は終日運休。

大手私鉄など

東京メトロ
12日は13時ごろから、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、副都心線の地上区間などで運休。

●京急電鉄
12日昼ごろから運休の可能性あり。

●東急電鉄
12日の9時ごろから本数を減らし、11時30分ごろから運休。

●小田急電鉄
12日、特急「ロマンスカー」は終日運休。一般列車は9時以降に本数を減らし、正午以降は運休。東京メトロ千代田線との直通運転は終日休止。13日は線路点検後に運転を再開。

●京王電鉄
12日正午以降に本数を減らし、概ね14時ごろまでに運転を終了。

西武鉄道
12日の13時以降順次、13日午前中にかけて運休。

●東武鉄道
12日11時ごろから本数を減らし、13時ごろから運休。13日は天候回復後に安全点検を予定。

●京成電鉄
遅れや運休が生じる可能性あり。

●相模鉄道
12日10時ごろから本数を減らし、11時ごろから運休。

●都営地下鉄
12日は、三田線の本蓮沼~西高島平間と新宿線の大島~本八幡間が14時から運休。13日も本数の大幅な減少やダイヤ乱れの可能性あり。

●名古屋鉄道
12日8時ごろから本数を減らし、11時ごろまでに運休。

高速道路 関東・東海で広く通行止めの可能性

 すでに通行止めの区間があるほか、今後通行止めとなる可能性の区間が示されています。

通行止め中の区間

・西湘バイパス:全線、高波
・東名高速:富士IC~清水JCT(下り線)、清水JCT~富士川スマートIC(上り線)、高波

今後、通行止めとなる可能性が具体的に発表されているおもな区間は、次の通りです。

12日6時~正午に通行止め開始見込み

・神戸淡路鳴門道:布施畑JCT~淡路IC(下り線)、淡路IC~垂水JCT(上り線)、洲本IC~鳴門IC(上下線)、強風
・関空道:泉佐野IC~関西国際空港IC(下り線)、関西国際空港IC~りんくうJCT(上り線)、強風

12日正午ごろ通行止め開始見込み

・東京湾アクアライン:全線、強風および高波

12日正午~16時ごろに通行止め開始の可能性

・首都高速道路:全線

12日正午~18時ごろに通行止め開始の可能性

・中央道:高井戸IC~勝沼IC・都留IC(上下線)、大雨
・圏央道:茅ヶ崎JCT~あきる野IC(内・外回り)、大雨および強風
・新湘南バイパス:全線、強風
・東名高速:東京IC~春日井IC(上下線)、大雨および強風
・新東名高速:全線(神奈川区間や連絡路含む)、大雨および強風
・伊勢湾道:全線、大雨および強風
・名二環:全線、強風
・新名神高速:四日市JCT~亀山西JCT、亀山JCT~亀山西JCT(いずれも上下線)、大雨
・東名阪道:鈴鹿IC~関JCT(上下線)、大雨
・伊勢道:全線、大雨
・阪神高速5号湾岸線:尼崎末広ランプ~六甲アイランド北ランプ(西行き)、六甲アイランド北ランプ~中島ランプ(東行き)、強風

概ね12日16時ごろから通行止め開始見込み

・NEXCO東日本管内の関東および長野県内全域(上信越道 信濃町IC以南、関越道 水上IC以南、東北道 白河IC以南)、大雨および強風
・常磐道:全線、大雨および強風
・磐越道:いわきJCT~いわき三和IC(上下線)、強風
・仙台南部道路:全線、強風
・仙台東部道路:全線、強風
・仙台北部道路:利府JCT~利府しらかし台IC(上下線)、強風
・三陸道:仙台港北IC~利府中IC(上下線)、強風

また12日18時以降、上信越道の新潟県内や山形道、中央道の勝沼IC以西、東名阪道の鈴鹿IC以北などでも、大雨や強風による通行止めの可能性があるとされています。

飛行機も欠航多数

 国内線・国際線とも、各社で多数の欠航が決定しています。

JAL(日本航空)

 国内線は、12日に羽田、成田、中部、伊丹、関西などを発着する多数の便が欠航・遅延。13日も特に羽田、成田、中部、伊丹、関西、仙台の発着便は機材手配などにより遅延・欠航となる可能性あり。成田発着便の一部はすでに欠航が決定。国際線は、12日に羽田、成田、中部、関西を発着する多数の便が欠航・遅延。13日も羽田、成田発の一部便で欠航が決定。

ANA(全日空)

 国内線は、12日に羽田、成田、静岡を発着する全便が欠航。中部、伊丹、関西は一部の便を除き欠航。国際線は、12日に成田、羽田発着で一部の深夜・早朝便を除き欠航。中部、関西発着便は全便欠航。

AIRDO

 12日は羽田~新千歳・旭川・函館・女満別・帯広・釧路線、神戸~新千歳線、中部~新千歳・函館線が全便欠航。13日は昼ごろから運航再開見込みだが、大幅な遅延や欠航の可能性あり。

スカイマーク

 12日は羽田~新千歳線、羽田~福岡線、羽田~神戸線を中心に計124便が欠航。13日は5便の欠航が決定。

スターフライヤー

 12日は羽田~北九州線、羽田~福岡線を中心に多数の便が欠航。

ソラシドエア

 12日は羽田、中部、神戸を発着する多数の便が欠航。

最後に

もう何も言えません。

マジでヤバいです。ガチガチに備えてください。

それしか言えません。

この記事書いていて本気で怖くなりました。

追記

ふざけているように見えて、すごい為になる動画です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはSunkistと申します! アラサーとアラフォーの狭間で生きる社会人(♂)です。 幼少期に育った標準語とその語の岐阜弁が混ざった 中途半端な岐阜人をしています。 このブログでは、わたくしSunkistがちょー個人的に気になった話題やイベントをちょー個人的な視点を交えて発信していくブログです。 全国の気になったイベントのをご紹介。または個人的に気になった話題などを投稿していこうと考えています。