内海純基容疑者の顔画像は?SNSなどを調べてみた!

スポンサードリンク

みなさんこんにちは!Sunkistです!

2019年に入ってから起こる事件と言えば、児童虐待の事件が後を絶ちません。

これまで以上にメディアでも注目を浴びる様になった児童虐待の事件ですが、今回も同じような事件が発生しました。

また生後4ヵ月の容疑を揺さぶり意識不明にさせたとして内海純基容疑者が逮捕されました。

生後4ヵ月としてばまだまだ首もしっかしと座っていない子です。そんな子を揺さぶるとはいったいなにがあったのでしょうか?

今回はこの事件の容疑者であり父親でもある内海純基容疑者についていろいろと調べてみたいと思います!

題して「内海純基容疑者の顔画像は?SNSなどを調べてみた!」です!

それではさっそくいってみましょう!

スポンサーリンク

事件の概要は?

まずは今回の事件がどのようなものなのかを箇条書きにして振り返ってみたいと思います!

・事件は2018年7月の事。

・当時生後4ヵ月だった次男を揺さぶるなどの暴行を加えた。

・幼児は意識不明の重体で報道された現在でも意識が戻らないとの事です。

・事件発覚の発端は、暴行から数日後に病院から連絡を受けた児童相談所が「虐待の疑い」として警察が調べた事による。

・内海純基容疑者の容疑の認否に関しては、警察が捜査に支障をきたす為と公表していません。

以上が今回の事件の概要になります!

容疑者の認否を公表しないというのはこういった事件にかかわらず珍しい事です。

また、今回は次男に対しての事件ですが少なくとも長男に対する調査を行ってほしいと思います。

内海純基容疑者の顔画像は?

今回の事件でわかっている内海純基容疑者の情報をまとめてみたいと思います!

・名前 内海純基(うつみ じゅんき)

・性別 男性

・年齢 23歳

・職業 会社員

・住所 熊本県天草市

以上となっております!

顔画像に関しては明らかになっておりません。

これは報道関係者が撮影できなかった事もあると思いますが、警察が容疑の認否も公表していないので顔がわかるものに関してはより公表しない方向に持って行っていると思われます。

内海純基容疑者のSNSアカウントはあるのか?

名前がわかっているので、SNSのアカウントがあるのかどうかを調べてみました!

結果としては本人を特定することはできませんでした。

Facebookに関してはヒットすらしませんでした。Twitterはそもそも本名で登録していない可能性もありますので見つける事ができませんでした。

元々はアカウントはあったのかもしれませんが、すでに削除をしたのかもしれません。

ネット上の反応は?

今回の事件でネット上の反応はどのようなものなのかを見てみようと思います!

・抵抗できない赤ん坊に乱暴するなんて…記憶に残らなくても、後遺症が残ることだって大いに考えられる。父親失格ですね。
最近虐待のニュースが多すぎる。もっと厳しく罰してほしいです。

・虐待は最低でも懲役20年以上の厳罰化しないとなくならないと思う。厳罰化を望みます。

・罰とか教育で治るレベルの人間ではない。外部との接触を断つような措置が出来ればいいと思う。赤ちゃん、何とか元気になっていい人に育てて欲しい。

・幼児虐待のニュースを見るたび、私はいつも思うのですが、カッとなって思わず手が出たとしても、小さな子供が泣いたり痛がったり、ちゃんと謝っている姿を見たら、「しまった…」や「とんでもない事をした」と感じないのだろうかと。
この男も若いとはいえ、自分の行動で、小さな赤ちゃんの頭や顔がどうなっているか見えているはずなのに、どうして止めれないのか…。
虐待する輩を罰するのは当然だと思いますが、どうしてこういう人間ができてしまったのかという事も専門家の方々には調べて頂き、公表してほしいです。
赤ちゃん、すごく頑張っているから、どうか回復して下さいね。

・4カ月の赤ちゃんは首がすわり、体もムチムチとして表情も豊かになり本当に赤ちゃんらしいとても可愛い時期。全く抵抗も出来ない乳児にこんなことをするなんて信じられない。愛情を持って育てられないのなら子供を作らないで欲しい。

・今は赤ちゃんより馬鹿な父親や母親が多すぎる。情けない。自分の子に愛情をたくさんあげたいと思えないなら親になるべきじゃない
頑張って産んだ奥さんがかわいそう。

・忍耐力が無く、自分の思い通りにならないと気が済まないガキが虐待をすると思う。

最後に

いかがだったでしょうか?今回は「内海純基容疑者の顔画像は?SNSなどを調べてみた!」と題してお送りしてきました!

本当にここ最近はこういった痛ましい事件が多いですね。本人たちの精神性が成熟していないのに、より未熟な子どもを育てるというのは非常にお互いにとってツラい事だと思います。

母親は割と出産までにまさに身をもって母親としての自覚を形成していくに対して、男性は自分で自分を追い込まないと父親としての自覚を形成していく事は難しいのかもしれません。

育メンという事がが一時期持てはやされましたが、今一度子育てがどういったものなのかを考えされられる事件でした。

それでは今回はここまで!最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはSunkistと申します! アラサーとアラフォーの狭間で生きる社会人(♂)です。 幼少期に育った標準語とその語の岐阜弁が混ざった 中途半端な岐阜人をしています。 このブログでは、わたくしSunkistがちょー個人的に気になった話題やイベントをちょー個人的な視点を交えて発信していくブログです。 全国の気になったイベントのをご紹介。または個人的に気になった話題などを投稿していこうと考えています。