赤川花火大会2018の屋台の営業時間は?駐車場やシャトルバスも!

スポンサードリンク

みなさんこんにちは!Sunkistです!

ようやく夏らしいというか、昼間は暑くて朝夜はちょっと涼しい日になってきましたね!

お盆はすぎても夏はまだまだ!夏らしいことはまだまだありますよ!

とは言っても夜、耳を澄ますともう秋の虫の声も聞こえてきている場所もあるのではないでしょうか?夏ももうラストスパート!宿題は終わってますか?(笑)まだという方はこの土日は思いっきり遊んで残りの夏休みで宿題のラストスパートです!

今回は「赤川花火大会2018の屋台の営業時間は?駐車場やシャトルバスも!」と題して、残り少ない花火大会ご紹介です!

それではさっそくいってみましょ~ぅ!

スポンサーリンク

赤川花火大会2018の屋台の営業時間は?

目いっぱい遊んで!目いっぱい食べないとやるべきこともできませんよね!なのでここでは赤川花火大会2018での屋台と屋台の営業時間についてご紹介していきます!

赤川花火大会2018では屋台が出ますが、屋台の場所がある程度決まっています!赤川の左岸(鶴岡駅側)の堤防、羽黒橋から二川橋の間の河川敷です!年によって屋台の数はまちまちですが、東北地方の花火大会で日本海側だと有数の花火大会なのでたくさんの屋台が今年もでると思います!

・そして気になるのが「何時まで屋台がやっているのか?」だと思います!人によっては、花火が始まる前に腹ごしらえを済ましたい人もいるあろうし、花火を見ながら食べたい人もいるだろうし、花火が終わってから余韻と一緒に楽しみたい人もいると思います!なので屋台の営業時間というのはなにげに重要だったりします(笑)

屋台の営業開始時間ですが屋台によってまちまちなのでなんとも言えませんが、およそ花火打ち上げの1時間~2時間前にはやっている屋台が多くなってきていると思います!そして、もう一つは赤川花火大会では無料升席があり,当日18日の朝6時から先着順となるのでその人たちをターゲットにした屋台が午前中から営業開始している可能性も十分あります!

屋台の営業終了時間も屋台によってまちまちですが、おおよそ花火終了後30分~1時間くらいの間ではないかと思います!理由としては他の花火大会ではだいたいそのくらいの時間でほとんどの屋台が店じまいをしているので、赤川花火大会でも同じことが言えると思います!

そしてもう一つの理由としては周辺の交通規制の解除時間にも影響されていると思います!当日は周辺が車の通行禁止などの交通規制がかかっており、その解除の時間が22時頃を予定しています。これは運営側が毎年の状況をみて判断していると思うので、22時頃にはお客さんも帰っていると想像できます!なので、遅くとも22時くらいまでは屋台はやっている可能性はありますが、数は少ないと思います!

もちろん屋台としても商品を残したくないので花火終了に近づいてきたら安売りなどをして早めに店じまいをするような方法を取ってくることも考えられます!

キレイな花火をバックに屋台が映っていますが、どれもド定番の屋台!変わらないのがまたいい!

棒人間
せっかくの花火だし、美味しいもの食べて楽しみたいよな!

赤川花火大会2018の駐車場は?

赤川花火大会に行くにしても自家用車で行く人も大勢いると思います!そんな時に気になるのが駐車場ですね!せっかく花火に間に合っても駐車場がなくて駐車場難民になんかなったら悲惨ですからね(笑)

駐車場については、鶴岡中央工業の企業さんが無料で提供してくださいっている場所があります!

青色の場所が無料駐車場となります!合計で約2700台分の駐車場がありますが、混雑は十分に想定されます!昨年2017の来場者数は33万人とのことなので開門時間の14時にはすでに並んでいる可能性が十分にあります!また緑色の駐車場は有料席購入者限定の駐車場なのでお気を付けください!緑色の駐車場が埋まったら、青色の無料駐車場に流れてくるので、なるべく早めに行く事をおススメします!

棒人間
駐車場難民ほどツラいものはないから次のシャトルバスについても見ようぜ!

赤川花火大会2018のシャトルバスは?

こういう花火大会では遠い所から遠征してくる人も大勢いると思います!なんせ昨年2017年の来場者数が33万人ですからね!花火愛がすごい人は一夏にいったい何回花火大会に行くのか気になります( ゚Д゚)

遠征組の方は電車で鶴岡駅まで来る人だと思いますが、気になるのは花火会場までのアクセス方法!・

鶴岡駅から会場までは徒歩30分ほどですが、庄内バスさんが臨時バスで花火会場まで連れて行ってくれます!

駐車場会場から少し時間がありますが、あまり早く行っても熱中症が怖いので駅などで少し時間を潰すといいかもしれません!また帰りも本数が限られていますのでお気を付けください!

また、車での遠征組の方は有料シャトルバスが運行している櫛引総合運動公園まで行くといいと思います!櫛引総合運動公園から花火会場まで有料シャトルバスが9時~23時まで運行しているのでこちらを利用するといいと思います!駐車台数や約600台ほどと、結構なキャパがあると思います!料金は昨年2017年では往復1,000円という事です!有料席購入者は無料で利用できるので、有料席購入者はここに停めてもいいかもしれません!

棒人間
シャトルバスの待ち時間に熱中症にならないように飲み物は用意したほうがいいかも!

最後に

いかがだったでしょうか?今回は「赤川花火大会2018の屋台の営業時間は?駐車場やシャトルバスも!」と題してみなさんが気になるような事を書いてみました!

心配していた川の増水もなんとかなりそうで無事に開催を待つのみです!人によってはこの夏最後の花火になる人もいるでしょうから、思いっきり楽しんできてください!

それでは今回はここまで!最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはSunkistと申します! アラサーとアラフォーの狭間で生きる社会人(♂)です。 幼少期に育った標準語とその語の岐阜弁が混ざった 中途半端な岐阜人をしています。 このブログでは、わたくしSunkistがちょー個人的に気になった話題やイベントをちょー個人的な視点を交えて発信していくブログです。 全国の気になったイベントのをご紹介。または個人的に気になった話題などを投稿していこうと考えています。