レコード大賞2018の乃木坂は出来レース?口パク受賞とネット上の反応は?

スポンサードリンク

みなさんこんにちは!Sunkistです!

「第60回輝く!日本レコード大賞」が無事に終わりました!

2017年の第59回目に引き続き乃木坂46が見事大賞に選ばれました!

しかしネット上では今回の受賞に懐疑的な意見もあり、やや炎上気味な感じもしています!

口パクでの披露もあり、噂の絶えない出来レース疑惑などなど・・・。

今回はそんな疑惑についていろいろを調べたり、ネット上の反応を集めてみました!

題して「レコード大賞2018の乃木坂は出来レース?口パク受賞とネット上の反応は?」です!

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

乃木坂46の受賞は出来レース?

まずは今回のノミネートされているアーティストを見てみましょう!

・『アンビバレント』欅46

・『いごっそ魂』三山ひろし

・『Wake Me Up』TWICE

・『サザンカ』SEKAI NO OWARI

・『勝負の花道』氷川きよし

・『シンクロニシティ』乃木坂46

・『Teacher Teacher』AKB48

・『Be Myself』三浦大知

・『Bedtime Story』 西野カナ

・『U.S.A.』DA PUMP 

以上となります!この中から乃木坂46のシンクロニシティが選ばれたわけですが、なぜ出来レースと言われいているのか。

歴代の受賞者を少しさかのぼって見てみましょう!

2017年 『インフルエンサー』乃木坂46

2016年 『あなたの好きなところ』西野カナ

2015年 『Unfair World』三代目 J Soul Brother from EXILE TRIBE

2014年 『R.Y.U.S.E.I.』三代目 J Soul Brother from EXILE TRIBE

2013年 『EXILEPRIDE~こんな世界を愛するため~』EXILE

2012年 『真夏のSounds good!』AKB48

2011年 『フライングゲット』AKB48

2010年 『I Wish For You』EXILE

2009年 『Someday』EXILE

2008年 『Ti Amo』EXILE

となっております。

過去10年を見てもLDH所属のグループとAKB系のグループのみとなっております。例外なのが2016年に受賞された西野カナさんだけがここでは異彩を放っているという感じです。

また、以前は演歌歌手の方も受賞していましたが、2006年に氷川きよしさんの『一剣』が受賞してからはなくなっています。

日本レコード大賞の選考基準というのが一体どのようなものなのかは正確な所は不明となっていますが、本来の歌唱力以外のダンスパフォーマンスも審査のうちに入っているのかもしれません。

しかし、AKB系は結成当初から口パク疑惑が付いて回っているグループなだけにちょっと不思議な所もあります。

また、レコード大賞が出来レースといわれるのは

2015年末の「日本レコード大賞」をダンス&ヴォーカルグループ「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下、三代目)の曲「Unfair World」が獲得した裏で、芸能プロダクション「バーニングプロダクション」が、三代目JSBらが所属する「株式会社LDH」に対して1億円を請求していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。
三代目JSB 1億円でレコード大賞買収の「決定的証拠」-週刊文春WEB

この一件があってからです。

これによりそれまでは疑惑で済んでいたレコ大買収が事実となったわけです。

芸能プロダクション「バーニングプロダクション」と「株式会社LDH」との関係ですが、

LDHの社長の息子がバーニングの子会社の社長を務めているという関係があるからだそうです。

バーニングは郷ひろみや小泉今日子などが所属する業界きっての大手芸能プロダクションで、その関係で新聞記者とのつながりも深いです。

レコ大の審査員の多くは新聞記者でもあるので、操作をしやすかったのかもしれません。

「一番の問題は、バーニングとスポーツ紙が普段から昵懇の間柄だということ。“赤坂”(バーニングの所在地)が供給する芸能ネタは彼らには必要不可欠なんです。各社には『B担』と呼ばれるバーニング担当記者がいて、日頃から会食などで親密に付き合っています」(音楽業界関係者)
三代目JSB 1億円でレコード大賞買収の「決定的証拠」-週刊文春WEB

こういう関係で疑惑が噂されていたようです。

そして不自然にAKB系のグループが受賞を重ねているというのも、出来レースを感じずにはいられない理由です。

ネット上の反応は?

今回のレコ大でどのような反応があるのかを一部載せてみたいと思います!

個人的にもU.S.Aが受賞すると思っていました。

すでに予想されていた方もいらっしゃいましたね。

事実かどうかは不明ですが、疑惑がテレビ離れを加速させている要因なのかもしれませんね。

レコ大が「歌唱力を評価する」だったらまた顔ぶれが変わってきます。

でも乃木坂の本人たちはどう思っているのでしょうか?

https://twitter.com/Heart_drst/status/1079421398987157504

このように出来レースだとして叩いている意見がたくさんありますが、それ以上にあるのがやはり祝福の声でした。

https://twitter.com/maya_asaba/status/1079403709405097984

最後に

いかがだったでしょうか?今回は「レコード大賞2018の乃木坂は出来レース?口パク受賞とネット上の反応は?」と題してお送りしてきました。

個人的には米津元帥さんかDA PUMPのどちらかがいいかなぁ~と思っていましたが、おおかたの予想通りの結果だったかと思います。

結果を見るまでがハラハラドキドキするのがこういう大賞の醍醐味だと思うのですが、すでに疑惑で凝り固まってしまっていては見ている方も興ざめしてしまいます。

かといって60回も続いているレコ大がなくなることはすぐにはないでしょうし、それに代わる大賞がないといけないんでしょう(オトナのジジョウ?)

もっと純粋に音楽を楽しめるようになるといいのですが・・・

それでは今回はここまで!最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちはSunkistと申します! アラサーとアラフォーの狭間で生きる社会人(♂)です。 幼少期に育った標準語とその語の岐阜弁が混ざった 中途半端な岐阜人をしています。 このブログでは、わたくしSunkistがちょー個人的に気になった話題やイベントをちょー個人的な視点を交えて発信していくブログです。 全国の気になったイベントのをご紹介。または個人的に気になった話題などを投稿していこうと考えています。